ダシダは牛の韓国調味料

ダシダ 調味料

チャーハンによし★野菜炒めによし♪牛肉ダシダ 1kg■韓国食品■販売サイトへ

韓国料理や韓国文化は、日本ではもう当たり前のように、受け入れられています。 主食がご飯と韓国風お味噌汁だったり、お箸を使うところなど、似ている部分も多いですね。

味付けは日本食とかなり違いますが、他の外国料理よりおいしいと感じる方も多く、韓国の食材や調味料はとても人気があります。 韓国の調味料といえば、「豆板醤」「テンメイジャン」「コチュジャン」ならばほとんどの方が知っていると思います。

では、「ダシダ」という調味料をご存知でしょうか。 「ダシダ」とは、牛肉、にんにく、たまねぎなどの野菜と薬味成分を顆粒にして、塩味をつけたもので、韓国版ビーフコンソメのことです。

ダシダの販売店

ダシダ(牛肉だし)【韓国食品・調味料】韓国料理の味付けに、プゴクスープに牛肉ダシダ 300g

牛のエキスがたっぷり入っているので、どんな料理にもコクが出て、味付けも簡単です。 特に、韓国料理には欠かせないもので、キムチ、ナムル、チゲ鍋、ユッケジャンスープ、チャーハンなど、ほとんどの韓国料理に入っていると 言っても過言ではないぐらい、韓国ではメジャーな調味料です。

韓国料理だけじゃなく、わかめスープや炒め物にちょっと加えたりして、普通の料理にも使えるので、1つあると便利な調味料です。 韓国料理を家庭で作るなら、絶対必要な「ダシダ」ですが、売っているお店は少なく、スーパーなどでは、なかなか手に入りません。 東京近郊にお住まいの方なら、新宿や新大久保に軒を連ねる、韓国食材店などで簡単に手に入ります。 また、輸入食材を扱っている大型スーパーや、アジアン食材専門店などで販売していることがありますので、見かけたらチェックしてみると いいですね。

もちろん、インターネットで検索すれば、「ダシダ」を販売しているネットショップはたくさんあります。 100gから1kgまで、いろんな量で売られているので、初めて購入する方は、まず100g買ってみて、使えるようならまとめ買いをすると いいでしょう。

→→→→→【格安販売 お試し牛肉ダシ 100g (牛肉ダシダ)】

吉野家牛丼の秘密はダシダ

ダシダ 吉野家牛丼

【吉野家の牛丼つくるなら】牛ダシダゴールド(スティック)

ところで、牛丼といえば「吉野家」を思い浮かべる方が多いと思います。 特に男の方は「吉野家」の牛丼が大好きですが、家ではなかなかあの味は出せないですよね。 でも「ダシダ」と「白ワイン」を使って牛丼を作ると、「吉野家」の牛丼の味と同じになるそうです。

作り方は、水と白ワインを沸騰させた鍋に砂糖と昆布とまずざく切りにしたたまねぎを入れて、10分ほど炊きます。 煮汁とたまねぎを分けたら、再度煮汁を鍋に入れしょうゆと「ダシダー」を入れます。 煮汁が煮立ったら、薄切りの牛肉とたまねぎを入れて、中火で10分炊いたら出来上がりです。 牛肉は「吉野家」の牛肉のように、出来る限り薄い方が、よりおいしいようです。

「ダシダ」は、ほんとに何にでも使える万能調味料ですね。

ダシダー韓国調味料